ネカマキラーズ(after)

♀かと思ったらネカマかよ! ハフマン島よフォーエバー!FMEにプチ参加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十九話 俺よりウザかった伝説のネカマ

その昔俺様がミサ基地でオナヌープレイを楽しんでいた頃、乱×の戦闘に一人のネカマが乱入してきた。

コバミ!!

純粋無垢なそのヴォイスに心が広かった当時の俺は、アサルトレベル20程度の彼女(彼)にお咎めもなくバトルを開始した。

ステアサな俺様が敵と壮絶なバトルを繰り広げていると、その糞ネカマは何とスナイパーレベル50の俺様に対しタラタラとステルスについて質問をしてきた。

『撃たれても見えないステルスBPがあるんだけどレベルいくつのですか?』

敵と戦闘しながら『モードシフトしたんじゃないですか?』と優しく答えてやると、『えーw知らないんだーw』という屈辱的な言葉が。

ハフマン最高級ステルスBPを使用中な俺様に向かって、何たる言いぐさ。
そもそもスナイパー50ってのはかなり大変なレベルだ。
それこそ血の滲むような出撃があってこその代物と言ってもよいだろう。
仮設駐屯地で敵スナイパーをダルマにしてる頃から、ダルマエクスタシーを感じていたのは事実であるが。

その後も
『OCUの秘密20万で教えるよ』だとか、

『迷彩の出し方7万で教えるよ』だとか、
もう何年もハフマンしている俺が、どうしてオマイみたいな障学生に教えを乞わなければならないんだヾ(。`Д´。)ノ
そもそも今戦闘中ですから。

もはや戦闘などどうでもよくなってきた俺に対し、口撃の手を一向に緩めようとしないこのネカマ野郎。
誰でもいい、早くコイツをぬっ殺してくれ(#`皿´)凸

喋りだけで全く役にたたない糞ネカマ尻目に何とか勝利。
その後何とTELLにて『そのBPくれませんか?』
と言われた俺様。

オマイじゃ装備出来ねーだろが。
入れられるのは慣れてるが、まさk入れる側になるとはブラックリスト。
奴の名は決して忘れないぜメタルメタリカよ。
そしてネカマは許さんと決めたのデス。

さてPC直ったんで久々に画像をオオオオオヾ(。`Д´。)ノ
20円?1万円クダサイ

20ーYEN
オマイらって名前は違うけど隅っこ引き篭もりネカマだろ?w
20分放置乙www
テレビ見てるふりして顔真っ赤だろwwwww
スポンサーサイト

テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。