ネカマキラーズ(after)

♀かと思ったらネカマかよ! ハフマン島よフォーエバー!FMEにプチ参加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七十六話 ジェット推進

便座に腰掛けた爺さんが、そのまま天国へ昇天してしまうのがよく分かる、寒い寒い俺様の町。
誤って便座の保温をOFFになどしたら、俺様とて真っ白になり兼ねない、デンジャラスモーニング。
燃え尽きたぜ…真っ白にな…

グズグズ文句を言う割に、そこそこ人が集うハフマニスタン。
大体21時くらいから増え始め、22時を過ぎれば俺たち少数の出る幕は終わってしまう程だ。

昼間の事情は分からんが、PVPが主体なゲームなだけに、元々人が少ない昼間は絶望的状況だろうが。

さて、意外にもジェット推進したことがないネカマキラーズ。
ただひたすら丘に引篭もる奴らの根性が、どこかネカマキラーズとリンクしてしまいそうではあるが、ジェットを装着したことは実は数回しかない俺たち。

ピョンピョンと高低差を無視して移動する姿は、結構感動したりする。
上手い奴はそうして攻撃をかわしながら、巧みにpを撃破していくんだから、それはそれで有りな戦い方であろう。
いかんのは、じっと篭って出てこない奴ってことだよな。

俺様がジェットを装備したのは、ペセタの山登り野郎を目撃した時だ。
あんなとこに上れるのか!という驚きから、早速ロクスタのs39で挑戦してみたピュアな俺。

ところが何度挑戦しても上手くいかず、半ば諦めかけたその時、
一人の山男が乱入。

なんとバージンな俺様を彼は華麗にクライミング。
ちょっぴり股間がうずく、天空の世界へと誘ってくれたのである。

さて、山登りを極めるとしたくなるのがp戦。
何度か出撃しているうちに、沸いたpにアドレナリン全開。

ところがどうしても飛び降りたい衝動にかられ、試しに鳥になったつもりで豪快にダイブ。

一発で脚が吹き飛ぶ素敵な仕様に、
待ち構えたワニのような野獣から、腕振りダルマ放置を食らった俺様。

何だかんだどのMAPでもFMOが楽しめた良い時期だったな。
Seven Starsとかいうジェット三等兵BGが懐かしいなw生きてるのか?

UFOか?

三等兵装備のテンプレだなw

最近レコンとネカマキラーズレプリカ多いな。

AXISとかいう奴ら筆頭に、普通BGに一番勝てない罠。

スポンサーサイト

テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。